返回列表 回復 發帖

】 ミチルの肩は盛大に飛び跳ねる

 ……「そういえば……。そう……いえば……、街が砂漠に変わってしまったのよ!」 ミチルは叫ぶ。parker 万年筆
(考えるのよ、考えなければ。今、出来る事をやるしかない。出来る事は必ずあるはず) ミチルは思案する。ディーゼル 腕時計
 檻に入れられた動物園のトラのごとく、ぐるぐるとその場を落ち着きなく歩き出す。 それは寒さのせいもあるが、彼女の癖であるともいえた。parker ボールペン
 ミチルは手を伸ばし、蝋燭がチリチリと燃える燭台を握りしめた。 手にはずっしりと重厚な重みが伝わってくる。 震える手。 鼓動を速める自らの心臓の音は、ますます彼女を緊迫させた。 彼女は勇気を振り絞り、辺りを照らそうと上に灯を掲げた――――途端。【手伝おうか?】 ミチルの肩は盛大に飛び跳ねる。「だ、誰!?」 突然頭に響いた声に、冷えきったミチルの体温は急激に上昇する。 それは低く、自信をうかがわせる男の声……。【お前はこれから白い女と黒いマントを探すのだろう? 思いは違えど目的は同じ。俺が手伝ってやるよ】「あなた、誰?」【誰? か。……こうしよう。俺はお前で、お前は俺。……今は、な】「意味が分からない! 何なの!?」【分からなくていい。深く考えるな。……ところで邪魔な奴らはいないようだな】「邪魔な奴らって……?」【だから深く考える必要はない。安心しろ、俺はお前を守ってやるよ。……今は、な】 ミチルには何が何だかさっぱり分からない。常識はいとも簡単に覆されている。http://www.armanidgwatchshop.asia 足元にはしくしくと冷たさを伝える黒い床。そして着用したスーツは湿っており、直に体温を奪っていく。高級腕時計 腕を組むようにさすってみても、あまりにも寒く、気休めにもなりはしない。 彼女の自慢の形の良い唇は、紫色に変色し、カタカタと小刻みに震え出していた。パーカー  万年筆
 声は広い部屋に、ぐわんと余韻を残しつつ――消えた。(どうなってるの? 砂漠にいたはずよ。……でも、今は違う。何が起きたっていうの)ドルガバ 時計
 すくりと立ち、ミチルは辺りを見回してみる。 しかし見える範囲は狭すぎて、疑問はますます積もるばかり。パーカー  万年筆
「――そうだわ」 彼女は歩みをぴたりと止めた。「私以外に人がいたはず。……女の子。そう、白いワンピースを着ていた子。彼女はどこに? ……それに……それにあのお面の黒いマントの奴。あいつはどこにいるのかしら……」diesel 時計
 黒いマントに身を包む、兎面はゆっくり歌うように告げた。 贅のかぎりをつくした面は、光を受けて輝いていた。D&G 腕時計
関連記事:

  
   http://kmtai53.com.tw/viewthread.php?tid=155905&extra=
  
   http://www.nongyepark.com/plus/view.php?aid=139786
  
   http://www.cjsiu.com/index.asp
返回列表